プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100.日本経済の本格回復は2010年度以降

10月24日(金)の日経平均終値は7,649円とまた大きく下落した。
2日間で1,461円である。奈落の底に落ちるのを、ただ見ているだけだ。

先日のアメリカダウ平均172ドル上昇しても、円高にふれた為替の影響で、
輸出企業の業績にマイナスになるとして値を下げている。

日経新聞に景気討論会の記事が掲載されていた。
出席者は、元日銀理事で総裁候補にもなった武藤敏郎氏、三菱商事社長、
小島順彦氏、野村證券の木内登英氏、
そして、日本経済研究センタ-理事長の深尾光洋氏である。

四氏とも一致するところは、「日本の景気本格回復」は
2010年にずれ込むと言う事である。
 
そして、日米欧各国が打ち出した、金融危機への対応策、
例えば公的資金の投入等は一応評価するものの、応急措置、対症療法に過ぎない、
これからの実体経済への対策、てこ入れが重要だと言う。 
さらに、米国の住宅価格の下げ止まりと、サブプライム・ロ-ンから派生した
「証券化商品」の損失額の全容が明らかになることも重要だと指摘する。

大恐慌の再来のリスクについて質問しているが、武藤氏は可能性は少ないといい、
木内氏は実体経済、そこまで悪くないと答えている。

円高が止まらない、国内の金融システムが相対的に安定している
日本の「円」が買われている。資金の逃げ場になっているとも指摘している。

新興国からの、資金の流失も激しい、急成長し、
高金利や成長期待から流れ込んだ資金は、今、逆流している。
国際通貨基金(IMF)への支援を要請する国も現れている。

為替と経済活動が引き起こす不安、そして株安、グリ-ンスパン前FRB議長にして、
「100年に一度の金融危機」と言わしめた現在、どこまで行くのか・・・? 
下値7000円、年内9000円とも言われている。 
下がったからと言って、いま、株を買う時ではないのだろう。
かりに買うなら、50円~100円ぐらいの低位株かもしれない。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


早期経済回復を求めて





スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (101)来年3月の日経平均株価は? | ホーム | (99)二日持たなかった「上昇した東証株価」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。