プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(91)景気判断、下方修正

日銀は8月19日、金融政策決定会合で
政策金利(無担保コ-ル翌日物金利)を現行の年0,5%に据え置いた。
そして景気判断を7月会合時の「さらに減速」から
「停滞」へと2ヶ月連続下方修正した。
これは、景気が後退局面に転じた事を認めたものである。
この「停滞」判断は1998年前半以来、約10年振りであると読売新聞で報じていた。
 
そして政府が公表した8月の月例経済報告(8/7)での政府見解、
先行きは「さらに下ぶれするリスクがある」とした事に対して日銀は
「次第に緩やかな成長経済に復していく」としている。
先行きについては、日銀が政府よりも強気な判断をしている。
果たしてどうなるか?

衆院選を控える政府、経済に希望を持たせたいのは山々、
しかし、アメリカ経済や世界の停滞感、物価の上昇など何も好条件はない。
対して日銀、できるだけ早く金利を引き上げ正常化したいという本音から
やや強気の予測をしていると見るのが本当のところか。

株価はまた下落した。13,000円を下回り、12,800円あたり、
まだ下がるのではないか?

そして、若干でも景気を刺激した北京オリンピックが終わり、アメリカ大統領選となる、
過去の歴史を振り返ってみると、政権政党が交代した年は選挙に向けて、
株は下落した実績(1992,2000年)があり、
今年は、まだ決定していないが、オバマ氏が優勢と伝えられ、
共和党から民主党へ政権が変わりそうだ。

秋には、一段の下落も考えられる。
国内企業の4~6期決算発表、消費者物価指数等から見ても好条件はない、
気分的にも今しばらくは、明るくない時期を通過せざるを得ないのではなかろうか。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


経済統計で学ぶ景気の見方と経済予測




スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (92)世界のマネ-、株式離れ鮮明 | ホーム | (90)GDPマイナス成長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。