プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(67)「モノライン」

初めて聞いた言葉だった。「モノライン」とは、直訳すれば
「単一の(モノ)、事業(ライン)」となり、金融商品単一の保証に
事業を絞っているものとなる。 
対して、自動車保険、生命保険、火災保険など、
さまざまな保険を手がけるものを「マルチライン」といっている。

1970年代に発足し、当初地方自治体が発行する「地方債」の保証を
おこなったのがスタ-トである。
その後、企業の社債や住宅ロ-ン債券、その他の証券化商品に拡大した。
現在、全米で10社位あり、全体の保証総額は約212兆円位であるらしい。

会社が倒産して、社債を買った人が、
損害を受ける場合その人に元本と利息を、会社に代わって
支払いを保証するもの。

モノラインが収益の拡大を狙い、サブプライム・ロ-ンが担保になっている
証券化商品を保証したために発生したのが今回の問題。 
なぜそうなったのか?

「モノライン」を取り扱う保証会社の格付けが急落した。
保証している証券化商品の格付けも下がる。
サブプライムを組み込んだ商品の価格が下がる。
これらを保有する金融機関の損失が発生する。
このような、流れと現状から、ブッシュ政権は「モノライン」支援策を検討し始めた。

「モノライン」を救済することは、金融機関を助けること、
景気悪化の”病巣”であるサブプライム・ロ-ン問題の打開策が、
やっと動き出したと言うことである。と、読売新聞で報じていた。

かってアメリカは、日本が不動産バブルで、
金融機関が苦境に陥ったときの政府の対応を
”ツ-・リトル、ツ-・レイト”と批判した。
 今回、アメリカ、サブプライム問題発生で、やや遅いのでは・・と
感じていたが、さすが決定する時は早い、
2週間で議会は承認した。10年前の我が国の”徹”を踏まないようにしたのか?

今後の状況を見守りたい、アメリカの対応が効を奏せば「株価」も回復していくだろう。
今回の、ブッシュ政権と議会の”減税策”FRBの利下げ、「モノライン」の救済など、
一連の対応に期待するや大である。 
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


サブプライムの実相



スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (68).G7 | ホーム | (66)日本沈没か? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。