プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(66)日本沈没か?

いま、国会で論戦が繰り広げられている。
民主党は政権交代ばかりを目標に、攻め一方、
自民党は迫力もなく、淡々と原稿を読んでいるだけ。
真に国民や国を考えているのか?

株価暴落、昨年のピ-ク時から約5600円以上も下落した。
世界同時株安の様相である。
アメリカの景気低迷を予測しての下げと言うところが、
一般的な解説、サブプライム問題が根にあるのはそのとうりだが、
世界に拡大された損失に対しての対策が今ひとつ弱いということ。
アメリカ政府、ブッシュ大統領の対応策も評価されなかった。

日銀の会合も、金利据え置きを決めただけ。
株に対しての策はなし。
いまの、経済閣僚ではムリだろうと、常づね思っている。

日本の市場が「外国人にあきらめられている」と、
17日付けのウヲ-ルストリ-ト・ジャ-ナル紙は取り上げた。
 「日本失望のワケ!」として
○企業同士の株の持ち合い
○企業買収防止策(ポイズンビル)の導入を400社以上がしている。
と株主軽視を指摘している。

また、政治の不信も・・・英国デイリ-テレグラフは指摘した。

日本が最も誇るべき技術面でも、
「技術革新で世界をリ-ドする企業はソニ-から米アップル社に代わった」といい、
日本の企業のヒット商品の出ない点も言っている。

そして、何よりも少子高齢化や構造改革、経済対策に的確な施策が無い、
スピ-ドも無いことも取り上げている。

現状では、日本株に積極的に、投資したい人はいない!!
日本は投資家の視野から外れた。と 
海外メディアの日本分析を日経の記事でも紹介していた。

国民に、夢も希望も与えられない首相、政策も対応策も考えられない閣僚、
やはり代わるしかないか?
ただ、見ているだけの政治家なんかいらん!
そういう官僚もあてにならん!
もう身の不幸を嘆くだけ・・・ああ-新年から”ぼやき”が始った。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


昭和史からの警告





スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (67)「モノライン」 | ホーム | (64)地球温暖化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。