プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(61)低調に終わった東証、株式市場

28日の大納会、日経平均株価は大幅な下落で、
前年末比マイナス1,918円で終了、5年振りの陰線である。
まさに、今年の株式市場を象徴しているといえる。 

いま、アメリカ市場は、サブプライム問題で揺れている。世界にその影響を与えている。

野口悠紀雄、早稲田大学教授によると、「我が国も、今年3回の大きな大暴落を味わい、
その内2回は、サブプライム問題だった。
そして、日経平均は、今年初と比較すると、約10%下がっている。
不振の発生国、アメリカのダウ平均は約8%上昇している。

なぜ? どうして?要因は、為替レ-トだという、
日本の金融政策《超緩和政策)で外国と日本の金利差が拡大した。

円を売り、ドルや他の外国通貨で運用する取引が増加した。
こうなると円安を引き起こす。その後本来なら円高が進行してきて調整されてくる。
ところが、政府は介入して、円安を維持した、
とくに、2003年~2004年に大規模な介入で
”円キャリ-トレ-ド”と言われる取引が活発化した」と。

この政府の介入で、輸出企業は莫大な利益を得ることになった。
バブル崩壊後の企業立ち直りに貢献したと言える。

そして、アメリカ、サブプライム問題で損失発生、FOMCは企業支援のためにも、
金利引下げに動いた、日本との金利差が縮小してきて、
「円キャリ-トレ-ドの巻き戻し」が起きてきた。安い円を借りて、
高い外貨を買っていたものを解消する方向に働いた。
円高、ドル安の方向だ。これでまた、株価が揺れ動いた。

本来あるべき市場の姿が「政府の介入」で乱れたと言える。
株価は市場に任せよ!とよく言われる。
このことが、日本の株価を妙味のないものにし、
外国人の買いを控えさせた要因だと。

2008年も一年を通して、余り期待は出来ないと、私は思っている。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


「超」納税法





スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (62)日本経済、前途多難、今年の幕開け! | ホーム | (60)株主重視の形、やっと!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。