プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40.安倍首相退陣と株価

突然の辞任である。
タイミングは最悪、無責任、投げ出した、の誹り(そしり)は免れぬ。 資質、経験、全て不足していたということか。
後任に指名した、小泉前首相の責任でもある。そして自民党の。

安倍首相の誕生した、06年9月26日の日経平均株価は
15,557円だった。
そして昨日9月12日、15,797円,ほぼ同じ、
一時、18,000円を超える場面もあったが、
これは安倍氏の功績ではない。

さて、この辞任がどう市場に反映されるのか、
大方の予想は限定的と見ている。
早期に、次期総裁を選出し、政局の空白を作らず、
改革路線を踏襲することが出来れば、相当時間はかかるが経済も、
市場も回復し、株価も上昇すると思われる。

最も危惧される点は、世界からの不信感である。
ドイツ首相との約束、ブッシュ大統領との給油問題など約束不履行と
みなされれば、安倍首相だけの問題ではなく、日本国の問題である。

今一つは、政局不安定による外国人投資家の日本株離れである。
現状、日本の株式市場は望むと望まざるとに関わらず外人の
パワ-に依存するところ大である。
外国人の買いが株価を支えていると言っても過言ではない。

構造改革推進に加えて、一日も早い政局の安定が望まれる。
日銀も利上げを見送るだろう。
経済界も自ら、懸命の努力をし、業績の向上に邁進するだろう。
無責任な、自民党政権であっても、国民が選んだものだ、来る、
次の衆院選は、それほど遠くない時期に行われるだろう。
しっかり、選ぶことが重要だ。

果たして、株価の18,000円回復は何時になるのか?
  幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


ラクラク株&会社四季報マニュアル



スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 41.サブプライム問題、やっと先が見えてきたか? | ホーム | 39.株が下がったのは当然だ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。