プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(192)エジプト・ムバラク政権の崩壊

30年の長きにわたり、独裁強権体制を敷いてきたムバラク大統領、ついに辞任し、その時代は終わった。「職にとどまり、責任を果たす、自分が今退陣すれば、エジプトは混乱する。次の大統領選には出ない、私は、エジプトの地で死ぬ」など、あくまでその地位にこだわっていた。しかし、8,400万人の国民の30年間の独裁に対する声の高まり、反抗の波は収まらず、”デモ”は続いた。

 アメリカ・オバマ大統領の声、自ら任命したスレイマン副大統領の声も聴こうとせず、民衆の聞こえないはずもない声も耳に届かない。固い自らの築いた高い擁壁に囲まれた牙城の中にいては「切なる国民の声」も聞こえないだろう。いや、聞こうとしないほど傲慢になっていたのではないだろうか。

 30年前、目の前でサダト大統領が暗殺された、そしてその政権を引き継いだムバラク、アメリカの支援を得て、イスラエルとの和平交渉を成し遂げ、安定したエジプトを作り上げてきた。慎重に・・慎重に・・しかし、イスラム過激派には徹底して弾圧を加えることで堅実に体制を強化してきた。

 しかし、安定したと見えた治世の裏には、国民の人権と自由への願い、貧困格差、の現実は独裁者の目には見えないものになっていた。国民の団結した”武力なき力”は、決してそれを許すことのないところまで来ていた。そして、最も信頼していた「軍」によって、その権力の座から引きずり降ろされたのだった。

 チュニジアに端を発した、今回の”民衆運動、政府への反抗”は、エジプト、ヨルダン、イエメン、サウジアラビヤなどへ広がっていくのだろうか? 現在の為政者たちの胸中はいかばかりか、ツイッタ-やフェイスブックのような新しい情報手段、通信システムは、永年の確固たる政治体制をも切り崩そうとしているのだろうか。

人気ブログランキングへ

【送料無料】イスラム過激原理主義

【送料無料】イスラム過激原理主義


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (193)「米景気緩やかに拡大」 | ホーム | (191)米景気回復「強まった」!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。