プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(190)日航破綻とその後

1月19日で日航、破綻後一年が経過した。
京セラの稲盛和夫氏を会長に迎え、再建への努力をしている。
国内・国際路線合わせて40弱の路線廃止、
16000人に及ぶ従業員のリストラなど、
極めて厳しい対応を図っている。

 稲盛会長の最も重視するのは、「社員の意識改革」であろう。
”本当に会社を守らなきゃいかん”という気概だ、という。
TVなどで映像が紹介されるが、
客室乗務員が地上勤務のスタッフを助けて、案内業務をしたり、
機内の清掃作業を専門スタッフとアテンダントがともにやっている
場面が映し出される。
かっての日航では決して見られなかったところであろう。

 海外ホテルでの宿泊は、一室ひとりツインベッド、
勤務明けの必休暇など、パイロットもアテンダントも
高い勤務条件だったと思う。そ
して、何よりも問題だと思われたのは、
日航に対する国の対応だったと思う。

 航空行政を進めるため、日本各地に空港を造り、
利用客の見込めないまま路線を引く、
それを、「日の丸航空」である日航におっ被せる、日航は収益を圧迫される。
すると、陰になり日向となって国が支援する、
日航社員は”親方日の丸”で甘える。
要求も強くなる、会社はますます内容が悪くなる。
これを長年やってきたのではなかったか。

 しかし、世界の航空業界は、ますます競争が激しくなってきた
、安価な路線も出てきた、もう放置できない。
国の支援が切れると破綻への道しか残されていなかった
ということだろう。

 今決算では表面上は黒字を達成した模様である。
リストラの効果、運行燃料の値下がり、
減価償却などプラスに働く部分もあった。

しかし道半ばである。今後の、海外他社との提携、
各路線ごとの採算算出システムの稼働などから、
進むべき方向をはっきり見極める必要がある。
解雇された社員の「不法解雇」の提訴も、19日に出された、
146人と報道されていた。

 真に生き残れるか、見定めるのはまだ先だろう、
稲盛氏の真価もこれからだと思われるが・・・・・

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (191)米景気回復「強まった」!! | ホーム | (189)菅再改造内閣と与謝野 馨氏の登用 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。