プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(189)菅再改造内閣と与謝野 馨氏の登用

菅再改造内閣が14日夕発足した。
玉は元自民党財務・金融相の与謝野氏入閣である。
氏は「たちあがれ日本」で平沼代表と共同代表を務め、
先の民主党からの連立打診に前向きな意向を示していた。
しかし、「たちあがれ日本」の党内反対で浮き上がった立場におかれていた、
そして、今回の菅首相からの求めに応じて
「たちあがれ」を離党、即入閣となった。

 このニュ-スを耳にしたとき”何と!!”と思った。
自民党にいた人が対立する民主党内閣に入るのかと。
小沢一郎氏や菅氏とは個人的には囲碁仲間だと聞く、
比較的近い存在であったとはいえ・・・である。

しかし、菅首相は思い切って登用した。
考えてみれば、必然のことかもしれない。
いま、民主党の置かれている立場からすれば、・・・。

〇「政治とカネ」の小沢一郎元幹事長の国会招致問題からの党内亀裂、 
〇24日からの通常国会対策(野党の協力) 
〇最重要な、今やらねばならない案件、
「消費税を含む税制と社会保障制度の一体改革」 
「環太平洋経済連携協定(TPP)への参加問題、
 「日米同盟強化に取り組む体制などである。

 これの「経済財政、社会保障と税改革」の担当相に与謝野氏を任命した。
野党との対話、党派を超えた取り組み、への一歩として、
また、将棋の駒じゃないが、敵の駒を利用する策として、
また、上手くいかないときのダメ-ジ緩和策として、
この運用は”うまい”と思った。(すこし、うがっているかな?)

 一方、与謝野氏は自民党麻生内閣時に、
社会保障の基本政策を検討した「安心社会実現会議」の中心だったし、
消費税増税の必要性にも早くから発言してきた。
そして、「国の命運を左右するような課題には、
各党が政争の場を離れて取り組むべきだ」と持論を唱えてもいた。
それをうまく菅首相が活用したということだろう。

 しかし、じっくり見てみると、今回の内閣改造人事は”
民主党内に人がいない”ということも露呈したのではないだろうか。
最年少の枝野官房長官、海江田経済産業相と与謝野経済相のコンビ(
同選挙区内のライバル)経済政策、
TPP参加など上手くいくのか、
沖縄普天間問題と日米同盟の強化など難問山積、
果たして乗り切れるか、不安いっぱいの再出発である。

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (190)日航破綻とその後 | ホーム | (188)2011年、年頭に思う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。