プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(183)日本経済、腰折れか?

政府は10月の月例経済報告で、景気認識を、
前月の「持ち直し」から「足踏み状態」に下方修正した。
政府はできるだけマイナスイメ-ジではなく、
判断コメントを良く表現しようとする傾向がある。
それが今回「足踏み状態」と表現したことは、
相当な”弱含み”であると見るのが妥当であろう。

人気ブログランキングへ

円高、アメリカ経済の回復遅れ、中国の金利上げ、
景気調整(融資規制)など取り巻く環境は厳しい。
加えて、今夏の猛暑による、多方面への影響、
エコカ-補助金の9月打ち切り、中でも、特に円高は企業業績を圧迫する。
概ね90円ぐらいを想定している、多くの企業は、
現状の81円~82円では大きな収益マイナスとなる。
企業の収益減少は、設備投資や雇用に影響を与え、
賃金が抑えられ、消費に及ぶ、いわゆる「負の連鎖」となる。

 これを防止するためには、政府の「緊急経済対策」が必要である。
果たして、菅内閣どうなのか? 
依然として、国会乗り切りと、バラマキ政策に終始しているように見える。
有能な経済閣僚を持たない現政権、日本経済の腰折れ、
景気の二番底を招かないか、不安いっぱいである。

 菅政権の、”物から人へ”で公共投資の削減、事業仕訳で
”ムダをなくし資金を生み出す”は、進んでいない、遅いのである。
そして、何度も指摘される「子ども手当」など効果の薄いバラマキなど。
経済はどんどん速いスピ-ドで進むのに政治、政策はついていけない状態ではないのか、
その上に、「円高」という強敵が襲い掛かる。”
対応出来ない菅政権”の図ではないのか?

 政治の貧困は、国民の財産を毀損する。
いつまで現政権に任せていたらいいのだろうか。
東証株価も、また、下落した。
今年一年、何の実りもなかった年になるのだろうか? 

年寄りの”ぼやき”一つ。


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (184)日本はTPP(環太平洋経済連携協定)に参加すべきか | ホーム | (182)「33人」の生還に思う >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。