プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17.いま、投資信託が熱い!!

29日のテレビ、来年の企業採用人数、
93万人、対して、就職したい学生の数、
43万人、と報道していました。

日本経済は成長しつづけ、発展していくでしょう。
そして、緩やかにインフレになっていくことが予測されています。

インフレになり物価が上昇すれば、
いま持っている資産特に預貯金の価値は減少います。
なにもしないで銀行などに預けっ放しでおくと、
低い金利は付くものの確実に資産は目減りします。

そこで、やはり「投資」が必要と考えられ、
各金融会社が競って「投資信託」を売ろうとしているのでしょう。

「株式投資」は個人などが証券会社の窓口や
ネットで自由に売り買いでき、自己判断、
自己責任の世界であることは先にも述べました。

「投資信託」は、個人に代わり信託会社が
個人から集めた資金を分散投資して収益を上げ
分配金として顧客に返還するものです。
当然、投資するものが株式や不動産などですから
損失の出ることもあります。
故に、元本保証ではありません。

いくらプロが運用し、リスクが出ないよう分散していても
大暴落に遭えば損失が出ると覚悟しなければなりません。

私も、10年以上前の「投資信託」
未だに収益の出るまでに回復しないものがあります。

「投信」は種類がたくさんあります。市場連動型、
利益重視型、国内か、海外か、株式か、債券か、不動産か、
また、収益分配型か、再投資型か、など色々、
金融機関によってもいろんな商品をとりそろえています。

投資金額や自分のニ-ズなどもよく相談することが重要です。
窓口も信託銀行、郵便局、ネット証券など、色々取り扱っています。
自分にマッチした会社を選ぶことが大切だと思います。

日本経済の動向、物価の情勢、などをよく観察しながら
”もてる資産”を減少させないようにしたいものですね!

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


幸せな老後を呼びこむほんとうに真っ当な資産運用


スポンサーサイト

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 18.未公開株 | ホーム | 16.株主総会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。