プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(179)尖閣諸島沖、衝突事件

中国が強硬な態度である。
政治経済のみならず、多方面に影響を与えている。
そもそも「日本の固有の領土である尖閣諸島」付近で、
領海を犯し漁をしていた中国漁船が、
日本の海上自衛隊の艦船の注意に対し、故意に衝突を起こした事件である。

 現在も船長のみ拘留中である。
この船長を、中国は無条件、即時解放を要求している。

しかし、我が国は領海を犯し、密漁をしていた中国漁船に対し、
また、故意に衝突させた案件に対しては、
粛々と日本の法律にのっとり裁くばかりである。

 前原外相は「両国とも、冷静に対処」と”冷静に”を強調している。
わが国には「領海問題」は存在しない、と解釈されるが、
中国、台湾は1971年、この尖閣諸島、中国では「釣魚島」といい領土権を表明しだした。
この付近の海底に多くの天然資源が埋蔵していることがわかり、
がぜん領海権や領土権を言い出したということ。

 世界で最も多くの人口を有する中国、資源確保は最大の課題である。
東シナ海での資源争奪合戦は激しさを増すだろう。

「白樺」での天然ガス採掘は、やっと「日中共同」で折り合いがついたばかり。
しかし、これも今ややこしい。
少し、日本政府の腰の弱さを、私は感じるが・・・

中国は、少しぐらいの違反や衝突は覚悟のうちだろう、
強硬に出る姿は、ロシア、北朝鮮、と同じやり方で”ずるい””きたない”国なのである。
あの「三国志」の汚職、裏切り、の歴史と体質が今も、残っているのかと思ってしまう。

 果たして、どこで、どうして解決するのか?
いつまでかかるのか、政治は難しい、
まして外交は・・・前原外相の力量が問われる問題である。

人気ブログランキングへ

中国が世界をメチャクチャにする

中国が世界をメチャクチャにする


スポンサーサイト

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (180)日銀の”0”金利政策復活 | ホーム | (178)再びの菅民主党代表 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。