プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(174)菅内閣、大丈夫か?



ざっと見ただけでも不安材料がイッパイである。

1.いまだ参院選の惨敗責任論が消えていない

2.緊急の課題である2011年度予算編成でもめている、
  概算要求基準(シ-リング)骨子作成ですら不協和音

3.普天間移設問題、8月決着は見送り、北沢防衛大臣11月を発言している、
  時期よりも”移設”すら反対が多い

4.子ども手当、高速道路無料化、農家の個別保障、など
  マニュフェストで公約した案件の変更、改訂が多い

5.さらに9月の民主党党首の改選がある

6.小沢元幹事長の不透明な行動、など。

 政権交代までは、一枚岩の如く見えた民主党内協力体制も
目的達成した今は、もうバラバラである。「
政治主導」と口ではいうが各大臣、自らの省の利益や官僚のツキアゲから、
担当する省優先の発言となり、党の協力関係は薄れてきている。

 もっとも”政治家として、
やらねばならない国家建設の大事業”を忘れてしまっている。
いま、日本経済の安定と発展のためには、何をなすべきか、を
真剣に議論しなければならない。

 しかし、振り返ってみるに、「政権交代」に燃え、
衆院選を何としても勝ち取りたいと作成した、
いいことずくめの「マニュフェスト」、いかにズサンなものであったか、
今、公約違反で突き上げられている。
「マニュフェスト政権」が不安定になるのは当然の帰結。

 鳩山首相から引き継いだ菅二代目党首、求心力もない、司令塔もいない、
「国家戦略室」も縮小、弱体化(なにも機能していなかったが)させようとしている。
また、自らの先を見通す「洞察力」もない、行き当たりバッタリの感すらする。

 ある政治アナリストは、年内持たないのではないかと。
このような状態は、日本の損失である。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ :

<< (175)高齢者所在不明の事件に思う | ホーム | (173)2010年、参議院選挙 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。