プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(173)2010年、参議院選挙

結果は、与党民主党の完敗(菅敗)である。
第一の要因は、私は民主党特に、菅党首の”おごり”にあると思う。
政権交代時の、あの熱気、盛り上がりが今も継続しているとの
”勘違い” ”感覚のズレ”であろうと。鳩山前首相の「普天間問題」から、
国民の目は厳しく「民主党」を見るように変わっている。

 消費税の突然の発言、これも自民党が10%を提案していたことに乗っかり、
”消費税発言は不利”を十分に認識した上で、
自民党をテコにしようとした”ずるさ” など
菅代表の個人の人間性の問題が一つ、加えて、
小沢元幹事長の「小沢グル-プ」拡大のための”小沢ガ-ルズ”増員計画である。
二人区への2人擁立作戦の失敗、(10選挙区で8区失敗)
党内での足並みの乱れを作ってしまったこと。(国民には見えていた)

人気ブログランキングへ

さらに、鳩山前首相、小沢一郎の「政治とカネ」問題、
普天間移設の未解決問題、財政厳しい中での”バラマキ政策”など不安定な政権、
任せられない政党を国民が見抜いてしまったこと。

 「マニュフェスト」中心から、
「現実路線」に若干修正してきたことは評価されても、
”思いつき” ”付け刃”の迷走内閣では安心しておれないのは当たり前のこと、
国民は、今回の選挙少し、”痛い注射”をしたということか。
連立を組む国民新党の無残さ、郵政改革しか言わない政党など
必要ないと国民は判断したのでは・・・・

 ”ねじれ”ができた国会運営、”ズル菅”どの様なことになるのか、
じっくり見たいものだ。
また、若干勝利したとはいえ、自民陣営もしっかりしないとまた次、足をすくわれる。
国民は、生活の安定、景気の回復を待ち望んでいる。

ねじれ国会方程式

ねじれ国会方程式

価格:1,700円(税込、送料別)



スポンサーサイト

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (174)菅内閣、大丈夫か? | ホーム | (172)日銀企業短観と株価下落 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。