プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(170)菅、政権発足

民主党、菅 直人氏が第94代総理大臣に就任する。
6月5日の各紙報道は、菅 直人氏の紹介で溢れていた。
昨年9月、16年ぶりに政権交代を果たし、
熱気に包まれて発足した「鳩山内閣」は、その後”言葉の軽さ” 
”普天間の難しさ” ”アメリカの信頼感の欠如” ”財政問題”
 ”マニュフェスト中心主義の弊害”  ”バラマキの不人気”などで
悩まされ続けた。

 政権をとれば、何でも出来る、
自分の理想の政治をやるんだと意気込んだものの、
経験不足、スタッフ不足、一人首相だけが浮き上がってしまった形となり崩壊した。
今になって、鳩山氏、”政治とは、数で動くが、中味はみんな、
自グル-プ同士の利害獲得競争だ” 一致団結なんて、政権をとるときまでの方便だ、
と・・・誰も自分を助けてくれないと、判ったことだろう。

 まして、小沢一郎という政治の策略家、悪く言えば”
ドン”がいる党では,綺麗な政治など無理というもの。
その点、菅氏は十分に心得ていると思うが・・・
早々と”小沢はずし”を宣言し、同士の仙石官房長官、
枝野幹事長人事を内定している。
どこまで、小沢氏と距離を置けるか、小沢の圧力に引きずられることなく、
自らの主張を発することが出来るか、前者の轍を踏まないようにしてもらいたい。

 今の日本の政治は、
小沢一郎という一人の”ドン”に振り回されているといっても過言ではない。
なぜ、こんなことになるのか、また、直せないのか、
「政治とは、数の論理、」だから・・・この”数”を確保するために、
彼(小沢一郎)は、永年組んだり、離れたり、潰したり、して
自分の”政治ゲ-ム”をやってきたのではないのか?

そして今日、やっと、その環境が整ってきた、
しかし、”操り人形”だった、気の優しい「鳩山ボ-ヤ」は倒れてしまった。
次は、誰を”操り人形”にするかと思っていたら、
自分も共に一線から下りる展開になり、ややあせったが、一時致し方ない。
次を見て、作戦練り直しというところか。
9月の代表選には,自分の息のかかった”操り人形”を出してくること必至である。

 さて、菅直人氏何処までやれるか、
前任者の失敗をしっかり参考にし、残された多くの宿題、
日本経済、外交問題など思い切ってやってもらいたい、
国民は期待している。
今度失敗すれば、その時は、再び政権交代する時だと思う。

 政治家としての,菅氏の経歴を見ると、市民運動家、行動家であり、
国民目線で見ることが出来る政治家とほぼ、及第点である。
あとは、首相としての指導力、判断力、実行力だと思う。
 目の前の「参院選」 そして次の代表選、
いくつかのステップをどう乗り越えていくかで、
菅首相の力量もわかるであろう。

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 171、菅 政権の「新成長戦略」 | ホーム | (169)鳩山内閣、崩壊への最終段階か? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。