プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

153.東証株価回復するか?

東証株価、一万一千円目前まで回復してきた。
外国人の買いこしに支えられているところ大、
特に大型株への買いが増えているらしい。
企業の懸命な努力がやっと実ってきたのか、
収益回復の兆しが見え始めた。

 一方、18日から国会が開催される。
大荒れの様相である、小沢一郎民主党幹事長の”政治と金”問題、
報道されることのみで見ても、”お粗末”そのもの、資金の動き、
やっている策、など秘書、専門家のやることか、
素人でもやらない「上手の手から水」ではなく
「下手の手からじゃじゃもれ」である。

支払った後の融資実行、分散して入金、
まとめて支払いなど調査する官庁の役人を甘く見たのか、
誰でも判る後手後手の対策など意味のない仕事をしている。
”頭かくして、尻隠さず”の類である。

 ここまでくれば、もう全部ハクしかない、
そして小沢幹事長もやめるしかないのではないか。
親分の田中角栄、金丸 信と同じく強気だけでは通らない。
検察が、家宅捜査し、関係者を逮捕する時は、
もう確証を得ているだろうから、


 政治主導と鳩山首相はいう、今は政治が足を引っ張っている、
成長戦略も半年先だという、企業の死に物狂いの努力に
水を注さないでもらいたいものだ。

 16日の「日経新聞」本社討論会の記事、
○景気、年前半は足踏み、後半は持ち直すか。 
○「二番底」はないだろう。 
○円高は年末に起こるかも。 
総じて、早く政府の成長戦略の具体策を示してほしいと待っている。
東証株価も一万二千円を予測するエコノミストもいた。
もうぼちぼち上昇雲に乗ってもいいのではと期待しながら待っている。

人気ブログランキングへ


虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実



スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (154)二人のトップ | ホーム | 152.日本復活の10年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。