プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(150)今年一年の株式相場に思う

2009年の大発会は東証株価、9043円で始まった。
(2007年、17,353円 2008年、
大発会から616円の大暴落で14,691円だった)
2008年からの下降局面にあった日本経済を反映して
2009年幕開けも力弱いものでスタ-トした。

 そして今、目の前に大納会を迎えようとしている、
果たしてどれぐらいで終わるのか?
25日の終値は日経平均10,494円であった。

 22日の日経新聞(朝)「一目均衡」(前田昌孝編集委員)の記事、
読まれた方も、多いと思うが紹介させて頂きたい、
「1989年の日経平均株価は38,915円であり、
その時の雰囲気では、優に10万円を超えていたはず、
現実は期待値の10分の1だ、問題は次の10年、
閉じた日本を解放すれば世界の躍動感を取り込めるのではないか」というもの。
そうなってもらいたいものだ。

 そして、続く「89年3月末には、個人金融資産926兆の11,3%、
105兆円を株式が占めた。
今年9月末には個人金融資産は55%増の1439兆円、
しかし、株式は38%減の65兆円と大きく減った。
比率ではわずか4,5%だ」と。 
銀行の預金で増えており、資金は眠ったままだと指摘されていた。

 やはり、政府が推奨しようとした「貯蓄から投資へ」は失敗と言えるのか。
成長しない経済情勢、不安定な政治の中では、株価も上昇しない。
唯一日本だけが上昇していない現実がある。
それは外国人投資家が、日本を見限っている証拠であろう。

 そして、前田氏、次のように結んでいる「戦後の東証再開(1949年)後の
日経平均を振り返ると、89年を境に40年上げ、20年下げたことになる、
日本の成功体験はもう20年以上も昔の話、次世代のためにも、
新たな成長スト-リ-を組み立てる時だ」と。
 
さあ、鳩山内閣期待に応えられるか、
今年末も悲観のうちに暮れようとしている。

人気ブログランキングへ


投資カレンダー 2010



スポンサーサイト

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (151)日本の針路 | ホーム | (149)COP15(第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議)、閉幕す >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。