プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(144)オバマ大統領の初来日とAPEC

オバマ大統領、わずか一日の日本訪問であった。
しかし今回の東アジア訪問の最初の国に日本を選び
「日米同盟が両国繁栄の基礎であり、日米安全保障条約に基ずく、
過去半世紀にわたる日本との同盟関係が
平和と安全を作ってきた」と発言した。

 日米同盟の基軸が軍事問題であることは外交の常識、
難航している沖縄普天間問題については日本は、
オバマ大統領に言及しない方針だった。

しかし、オバマ大統領の方から
「時間が経てば、より問題の解決が困難になる」と
迅速な結論を求めたと報道された。
そして、鳩山首相は、オバマ発言に理解を示しただけでなく
「時間をかければ、解決が困難になる」といい、
「時間ということは、我々としても理解している」と繰り返した。

これによりアメリカは、日本政府が、
現行案の移設を早期に履行するだろうと解釈している。
そして演説でも「両政府の合意を迅速に実施に移すことで合意した」と
内外に表明している。

 しかし、しかしである、その後、鳩山首相は、現行案にこだわらない発言をし、
また、来年一月の名護市長選を見極めての判断を表明した。
そして、与野党ともにこの発言を、批判しているのである。

 まったく、確固たる考えや、信念のない、ぶれる首相である。
これでは、各国から信頼されなくなり、何を言っても、信用されない、
日本の総理になってしまう。

 シンガポ-ルで行われたAPECに参加するため日本を離れ、
客であるオバマ大統領を日本に残した、
そして、シンガポ-ルで謝罪したのである。

 ブッシュ時代、冷え切ったアジア戦略を立て直し、
「アジア重視、アジアへの回帰」を目指す
オバマ政権中国の台頭で難しい局面にあるが、懸命である。

日本はわずか一日、中国は四日である。
そして、アジア太平洋経済協力会議(APEC)や、
初の米・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で
東南アジアを重視する意向を表明し歓迎された。

どう見ても、「日本は難しくなった、厄介な政権が出来た」と
思っているかもしれない。我が国も困難な時代に入るやもしれぬ。

自ら言い出した地球温暖化、CO2削減問題の高い目標、
普天間問題、財政問題、自らの政治資金等、崩壊しなければいいが・・・・

今の民主党では誰も首相を助けられない、自分のことで精いっぱいである。

 来年は日本がAPEC議長国となる、
はたして、経済成長戦略や調和のとれた地球温暖化対策を示し、
指導することが出来るのか、首相の難題は続く・・・
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


多聴多読マガジン 2009年 12月号 [雑誌]



スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (145)進路の見えない鳩山政権 | ホーム | (143)東証株価、上昇は当分無理か? >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。