プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

123.東証株価、どこまで上昇するか?

企業決算発表が続いている。
09年3月期の決算は厳しい内容であり、
また、10年3月期予測も、慎重な数字を出す企業が多い。

しかし、ここに来て、一時の総悲観から少し明るい兆しが出てきている。

日銀、白川総裁も「年末にかけて、持ち直していくと予測される」と
ロンドンでの講演で指摘している。

東証株価もアメリカ、NYダウの影響をうけながら
9,000~9,500円をキ-プしている。
年末、10,000円~11,000円の声も出始めている。
(弱気な、7,000円まで落ちる、の声もある)果たしてどうなるか? 
小生なりに感じている点を述べてみたい。

まず、政治情勢、麻生政権の支持率が、やや回復してきたところに、
民主党小沢代表の辞任と新代表の選出が、短時日のうちに行われる。
そして、政権交代を声高に訴えている。どのような結果になるのか? 
民主党政権になれば、経済は安定向上するのか。

二つ目は、アメリカ、欧州の金融システム及び状況が進展するのか、
巨額の公的資金や対応策がどこまで効果を上げ得るか。

三つ目は鉱工業生産、在庫の整理調整が回復するか、
などいくつかのポイントが考えられる。
しかし、それでも、最も影響力の大きいものは、
目の前の衆院選を控えた、国内の政治情勢の変化ではないだろうか。
それによって東証株価も10,000円超えが見えてくると思っている。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


戦争経済に突入する日本




スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 124.株価予測が難しい局面 | ホーム | 122.一難去らぬ間にまた一難! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。