プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(108)今年のテ-マは?

2008年は暗い一年であった。
恒例の京都清水寺の管長による漢字も「変」と書かれ、「変動」の激しい、
「変化」の多い年であった。

アメリカ大統領選もバラク・オバマ氏が「変革」(CHANGE)を旗印に
国民の関心を高め勝利した。

さて、2009年はどのような年になり、”テ-マは何になるのか”
若干、独断と偏見を交えながら、予想してみたいと思う。

1、グロ-バルな世になり、世界全体が不況に突入する。
アメリカ、欧州、日本、さらに中国、インド等BRICS諸国もスロ-ダウンするだろう。

2、そして、底を打っても、かってのようにV字回復は望めないだろう。
緩慢な動きでの回復となる。

3、特に日本は、円高と需要鈍化から企業収益が低迷し、業績は下落する。
回復には相当の時間を要するだろう。
人員削減や設備投資の見直しなど基礎的なものまで手をつけている企業が多い。 
巡航速度の戻るまでには、時間が必要と覚悟すべきだと思う。

4、株価についても、先行きは厳しいと予測する、
60%以上を占める外国人の買いが回復しないと
本格的な東証株価の上昇はない。
そして、外国人投資家の日本株買いも
当面は多くを望めないだろうと思っている。
世界にあふれていた投機マネ-は急減している。
また、ヘッジファンドの運用資産も減少、
さらに、オイルマネ-も原油急落から大幅に減少していると思われる。

5、日経平均のヴァリエ-ションを見ても決して安くない、
2008年中旬で、東証の予想PERは、15,11倍、
米S&P500種11,0倍、英FT1008,7倍、独9,2倍、仏8,3倍、
香港11,1倍などと発表されていた。
日本が最も高いのである。割高に買われているということ。 
いま少し、状況の好転を待つ必要があるだろう。

以上の様なことから、東証株価、2009年中は13,000円までいけば
最高だろうと考えている。やはり、大方の予測している
2010年が回復への入り口だろうか?

新日本製鉄の三村明夫会長はこのたびの経済危機は、
起こるべくして起こったもので、アメリカのサブプライム問題は、
その引き金に過ぎない、世界経済が過去数年、5%の成長を遂げ、
好景気に沸いたその急成長の反動であると。
途中危険信号もあったが、ひき返せず突っ走ってきたための調整であると述べている。
世界各国が協調し、回復に向かう時、存在感を示せる事が大切だとも解く。

さて、今年のテ-マであるが、
自分は「忍耐」 「辛抱」 「我慢」だと思い、
CHANGEをCHANCEにしたいと思っている。 

先日のTVで、堺屋太一元経企庁長官が語っていた、
”物を求める時代”から”こころを満たす時代”に変化するだろうと。 

故に、注目したい業種は「環境」 「エコ」 「エネルギ-」 「情報通信」などで、
トヨタ自動車も、北米での販売不振等をハイブリッドでも燃料電池車でもない
「太陽電池車」で挽回しようとしている。

太陽エネルギ-だけで走る車である。
ガソリンは一滴もいらない。この技術で世界をリ-ドしようとしている。
渡邊社長は”かってない緊急事態”といい、また、ピンチこそチャンスともいっている。
”いまこそ、仕込みの時”と位置付けし会社の将来を展望している。

20世紀は石油の時代であり、自動車の時代であった。
アメリカのビッグスリ-(GM,フォ-ド、クライスラ-)も今経営危機に陥り、
トヨタも大きな変換を迎えている。
従来どうりの形で乗り切れる保証はない。
石油の時代も何時終わるやもしれない。

幸いにして、日本には「技術力」 「共生力」 「財務資産の健全性」などがある。
この利点を大いに生かして、更なる成長へと進むことを期待したいと思う。

2008年同様、2009年もじっくり我慢のスタンスでいこうと、
一年の計を立てたところであります。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)




日経業界地図(2009年版)







スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< (109)アメリカ、オバマ大統領の就任演説に思う | ホーム | (107)デフレに宣戦布告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。