FC2ブログ

プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(163)財政危機と消費税

日本は国内総生産(GDP)の2倍の債務残高を抱えている。
92兆円の歳出をまかなうため税収は37兆円しかない。
その為、国債発行額は44兆円に達している。

 歴代の政権(殆どが自民党)の責任である。
過去何度か、消費税を上げると公表し、選挙で大敗している。

 1979年、時の大平正芳首相、一般消費税導入を公約し、
選挙に臨んだが、反発が強く中断、しかし選挙に大敗した。
その後の1989年、1997年にも消費税導入や
税率引き上げを実行した後の選挙では大敗している。

 人気絶頂であった小泉首相も自らの任期中の
消費税引き上げを回避して来た。
政権交代した民主党、鳩山首相も四年間の税率引き上げを
実行しないと公約した。

 日本の国の財政が危機的状況にあっても、
選挙に負けたくないのが政治家、政党なのである。
真の政治家と言えるのであろうか。

 世界各国の消費税率を見てみよう。スウエ-デン25%、
イタリア20%、フランス19,6%、
ドイツ19%、イギリス17,5%、日本は5%である。
欧州(EU)理事会は標準税率を15%以上にするよう
指令を出しているという。

 読売新聞が昨年11月に行った世論調査で
「社会保障制度維持のため消費税率引き上げは、やむを得ない」との
考えを容認する人は、61%になったと報じられていた。

 国民は知っている、
今の国の借金を子や孫の世代にまで引き継ぐことを。

今の状況では国が成り立たないことを。
そして世界各国が我が国よりも、高い消費税率であることも。
 世界の国々に観光に行き、土産物を買って消費税の高いことを。
知っているのである。

 これから先は、政治の責任である。目先の選挙よりも国の存立を! 
10%ではなく、15%まで上げる勇気を!鳩山政権は打ち出せるか?
 思えば、「自民党をぶっ潰す!」といった小泉首相、
消費税率上げへの挑戦をしてほしかった・・・
いまさら悔やんでも、あとも祀りか・・・
民主党これ以上遅れないようにしてもらいたいと、
小生は思うのだが・・・・

人気ブログランキングへ


日本は財政危機ではない!


スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

162.普天間問題など

五月末決着を沖縄県民だけでなく、国民にも約束した鳩山首相、
自らの首を絞めるような発言を繰り返し、全ての人心を混乱させている。
しっかりとした政策も成算もないまま、漠とした思いだけで、
何とかなるだろう位の軽い思いで”五月決着”といい、
アメリカ、オバマ大統領に対しても、「トラスト・ミ-」と約束し、
また、”県外・国外”ともいう。全ては”自らの思い”だけである。
確たる内容の伴った「具体案、具体策」が
あってのものではないことが判ってきた。

 先の徳之島民の反対集会、そして25日の沖縄県民集会、
双方共に反対一色である。
アメリカ政府のいう”時間が経つほど、
難しくなる”と言ったとおりの展開である。
首相の責任は大きい、このような”いい加減な”人が
日本国の首相、総理大臣で本当にいいのだろうか。
もう限界に達したのではないのかという思いで一パイである。

 民主党は「マニュフェスト」で国民受けのすることを列挙し、
人気をあおり、結果政権政党になったけれど、「
幼い政党」と言わざるを得ない。

無理もない、経験がないのだからと、
国民が今しばらく辛抱してくれればいいが、
もう見限りかけている。

26日のNET報道だが、次の参院選で投票する政党は? 
との問いに対し、自民党が1位になったと。 
最早逆転である、普天間、高速道路料金、政治とカネ、
いろいろ迷走する事案もあるが、
自ら迷走の種をまいているところもある。

いまや、民主党内部での不協和音も聞こえてくる。
「マニュフェスト」だけで、日々激動する政治が行えるはずはない。
まして、世界の中の日本、衰退する前に、
官僚も十分に活用して、”日本丸”を
成長路線に戻してもらいたいものだ。

参院選まで持たない「鳩山政権」の感すらするのだが・・・・

人気ブログランキングへ


鳩山政権の100日評価

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(161)上海万博

五月一日より開催される、中国初の万博が上海で幕を開ける。
十月までの半年間、過去最高の入場者を誇った大阪万博、
6,400万人を超える7,000万人が、
世界各地から来場すると予測されている。

 そのための、交通網、水道、ホテル、トイレなどインフラ整備が
急ピッチで進められている。
観光の受け入れ準備も抜かりがない。
総工費は2兆6000億円と予想されている。

 上海万博のテ-マは、「よりよい都市、よりよい生活」で
発展途上国初の開催らしいテ-マである。
中国、胡錦濤総書記は
「中国5000年の輝かしい文明と改革開放30余年の成功を示す」と宣言し、
先の北京五輪に続く、中国の国威発揚をアピ-ルしている。

 唯今回も、北京オリンピック同様、国の圧力で、土地を取り上げられたり、
強制的に移転、移動させられたり、
一部の政治家と業者による利権や不法ビジネスが横行しているようだ。

いずこの国、いずこの都市も同じようなことで、表面華やかなビッグビジネス、
プロジェクトが進められ、国が成長し、発展し、
時が流れて歴史を作っていくのであろうか。
いつも泣かされるのは弱い国民である。

今、中国の発展大成功の中で国民は、黙って下を向いているのだろうか。
しかし、オリンピック、万博を経過した後、
中国は世界の発展国になっていくことは、もう間違いはない。
そして国民も生活が豊かになっていくのだろう。
日本や韓国がそうであったように・・・

人気ブログランキングへ


中国株四半期速報(2010年春(上海万博直前)号)

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(160)「株」底入れか?

「2009年度期末の日経平均株価(225種)は、1万1000円台を回復し、
底入れの兆しが確認された」と新聞報道された。

 2008年3月末に比べ、36,8%上昇、
市場関係者のさらなる上昇期待感を高めているらしい。
 「大和証券キャピタル・マ-ケッツによると、
みずほFGなど大手銀行6グル-プの保有株式は、08年度末時点で、
総額約4292億円の含み損を抱えていたが、09年度末は、
約1兆7000億円の含み益に転じた」とも書かれていた。

 しかし、株価上昇してきたとはいえ、
リ-マン・ショック前の1万2000円台には戻っていない。
先にも述べたが、政治も不安定、鳩山首相の毎日のコメントを聞いていると、
もうあきれるばかり、総理大臣としての言動ではない、
軽すぎる、責任感のなさがそうさせるのか、
郵政問題、普天間問題など、真に国民のための解決策があるのか?
信用できない状況が続いている。

 経済も回復してきた、企業収益、良くなってきたというけれど、
まだまだ自律回復には遠い状況だ、アナリストは、
東証株価1万3000円を予測する人達もいるが、果たして、、、?
 円高、中国経済の過熱化、など不安材料も多い、
まだ手放しでは安心できる環境にはないと思うが・・・

人気ブログランキングへ


大化けする成長株を発掘する方法

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP