プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(146)ドル安、円高

26日最終の円相場は、86円78銭と14年ぶりの86円台になった。
輸出企業の収益圧迫は勿論のこと、東証株価も下落した。
やっと最悪期を脱し、回復の兆しが見え始めた日本経済に
ダメ-ジを与えることは必然。
 いま、デフレが進み、デフレスパイラルにならないか
心配されている現状、急激な円高、ドル安はこのデフレを進行させる、
特に本格的な景気回復が遅れている日本には大きな打撃となるだろう。

 この原因は、米国景気回復の遅さと超低金利政策の
長期化を不安視する市場にある。失業率も10%を超えようとしている。
 
アメリカは輸出を拡大し、国内景気を回復させ、
雇用の増加を意図している。
故に、緩やかなドル安は容認するという観測もなされる。
これに付け込んで、「ドルキャリ-取引」が拡大している。
かって、2007年頃急激な円安で、
安い円を借りて他国の通貨を買う「円キャリ-取引」が拡大した。
日本の”0金利政策”が背景にあった。
今回は逆のアメリカ国内景気の回復策としてのドル安がある。
しばらく続くだろう。
そして日本の景気回復も若干長期に渡るだろう。

 今回のドル安、世界の通貨に影響を与えている、
対円は今年度の最高値に対し14%、ユ-ロ、
ポンドともに20%近い大幅安であると読売新聞が報じていた。

 世界経済や通貨要因という外部環境だけでなく、
国内政治の不安定さや鳩山内閣、
特に首相自身の”金”の問題がきな臭い。

政権交代し、しっかりと国の指針を示さなければならない
重要な時期に何とも嘆かわしい限りである。

 東証株価、9,000円を切るやもしれぬ、面白くない、
苦しい年末、年始になるのだろうか。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


日本経済を襲う二つの波



スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(145)進路の見えない鳩山政権

鳩山政権約60日が経過した。耳触りのいい”マニュフェスト”を掲げ、
衆院選を勝ち抜き、政権に就いた。”マニュフェスト”を
金科玉条のごとくに用いるのは、やむを得ない面もあるが、
あまりにこれに固執すると大きな方向性を誤る。

 11月17日、新聞紙上に発表された内閣府の、
2009年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、
実質で4~6期比1,2%増えた。
一年に換算すると4,8%増で2四半期連続のプラス成長となる、
又、7~9月期の実質GDPの規模は年率換算で約531兆円と
08年10~12月期(539兆円)以来の
大きさだったと読売新聞が報じた。

 しかし、この最大の要因は、
企業の設備投資の拡大にあり、
旧政府の景気対策の効果であること。
自律回復への道のりは、未だ半ばであると。

一方、消費者物価指数は9月まで、
3か月連続マイナスが続いており、デフレ傾向が強まっている。
GDP速報では国内の物価動向を示す、国内需要デフレ-タ-が、
前年同期比2,6%減と約51年ぶりの大幅な落ち込みを記録したと。

 物が下がっているのである。安いものしか売れないのである。
先日ジャスコで、880円のジ-ンズを買ってきた、
以前何千円かで買ったものと遜色がない、
西友は850円で売っていると聞いた。
安売り合戦である。当然企業収益は落ちる。
百貨店の売り上げが落ちていると聞く、高いからである。
今は、商品の良さよりも価格なのであろうか?

 管経済財政相は、
「デフレ的な傾向がこれ以上強まらないよう日銀とも、
十分意思疎通を取っていきたい」と。企業のボ-ナスは、
最大の落ち込みだという、景気の二番底が心配と新聞記事、
株価は一万円を切っている、先行きは暗い。

 それなのに、鳩山政権、まだ”マニュフェスト” 
”マニュフェスト”とバラマキ、公共投資カット、
CO2削減のため企業に圧力、森を見ず木のみを見て、
人気取り政策をやっている。

 もう60日が過ぎた、真に国のゆく方向を
ハッキリと決め進路を確定しないと、
取り返しのつかないことにならないか、と思ってしまう。
成長戦略すら、未だ決められないのだから・・・・。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


デフレは終わるのか



テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(144)オバマ大統領の初来日とAPEC

オバマ大統領、わずか一日の日本訪問であった。
しかし今回の東アジア訪問の最初の国に日本を選び
「日米同盟が両国繁栄の基礎であり、日米安全保障条約に基ずく、
過去半世紀にわたる日本との同盟関係が
平和と安全を作ってきた」と発言した。

 日米同盟の基軸が軍事問題であることは外交の常識、
難航している沖縄普天間問題については日本は、
オバマ大統領に言及しない方針だった。

しかし、オバマ大統領の方から
「時間が経てば、より問題の解決が困難になる」と
迅速な結論を求めたと報道された。
そして、鳩山首相は、オバマ発言に理解を示しただけでなく
「時間をかければ、解決が困難になる」といい、
「時間ということは、我々としても理解している」と繰り返した。

これによりアメリカは、日本政府が、
現行案の移設を早期に履行するだろうと解釈している。
そして演説でも「両政府の合意を迅速に実施に移すことで合意した」と
内外に表明している。

 しかし、しかしである、その後、鳩山首相は、現行案にこだわらない発言をし、
また、来年一月の名護市長選を見極めての判断を表明した。
そして、与野党ともにこの発言を、批判しているのである。

 まったく、確固たる考えや、信念のない、ぶれる首相である。
これでは、各国から信頼されなくなり、何を言っても、信用されない、
日本の総理になってしまう。

 シンガポ-ルで行われたAPECに参加するため日本を離れ、
客であるオバマ大統領を日本に残した、
そして、シンガポ-ルで謝罪したのである。

 ブッシュ時代、冷え切ったアジア戦略を立て直し、
「アジア重視、アジアへの回帰」を目指す
オバマ政権中国の台頭で難しい局面にあるが、懸命である。

日本はわずか一日、中国は四日である。
そして、アジア太平洋経済協力会議(APEC)や、
初の米・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で
東南アジアを重視する意向を表明し歓迎された。

どう見ても、「日本は難しくなった、厄介な政権が出来た」と
思っているかもしれない。我が国も困難な時代に入るやもしれぬ。

自ら言い出した地球温暖化、CO2削減問題の高い目標、
普天間問題、財政問題、自らの政治資金等、崩壊しなければいいが・・・・

今の民主党では誰も首相を助けられない、自分のことで精いっぱいである。

 来年は日本がAPEC議長国となる、
はたして、経済成長戦略や調和のとれた地球温暖化対策を示し、
指導することが出来るのか、首相の難題は続く・・・
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


多聴多読マガジン 2009年 12月号 [雑誌]



テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

(143)東証株価、上昇は当分無理か?

 いま、国会では、論戦が繰り広げられている。
民主党は、何とか野党の攻めを、潜り抜けている感じがするし、
自民党は、ベテラン議員を配して、懸命に攻め込み、
突破口を見つけようとしている。

そして国民は、日米外交問題や、インフルエンザワクチン、高齢者医療制度、
子供手当てなど厚生労働省、ダム、道路、JAL救済の国交省、
また、鳩山首相の政治資金問題など、政治の今ひとつ、
不安定さ、先行きのまだ見えない、経済対策、
成長戦略から来る不確かさ、などですっきりしない。

東証株価もさえない。
また、一万円を切り、9700円台を行ったり来たりしている。
この先どうなるか?

大方は一万円前後を予測している。 
マネックス証券の投資家へのアンケ-トを見た(NET)、
少し、内容をお借りすると、 
1、今後3ヶ月程度の日本株市場は、良くなる、変わらない、が半々、  
2、どの程度か  答えは、上下1,000円位 
3、どの業種が有望か? 医薬品、ハイテク、商社、通信の順 
4、投資に対しては、殆どの人が、以前と変わらないと。応えている。

 みんな、じっとガマンしている構図である。
アナリストは、年末11,000円位だと。 
12,000~13,000円を予測する人は少ない。
まだまだガマンの時は続くのか・・・ 
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


AERA緊急増刊 民主党がわかる 2009年 10月号 [雑誌]



テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。