プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(134)消費者物価指数の低下

いよいよ衆院選の投票日が近づいてきた。
世評からすると民主党政権に代わることは、
ほぼ間違いのないところだろう。 

民主党に代わったからといって、景気が良くなったり、
株価が上がったりはしないだろう。

むしろ、短時間でボロが出て、
政治はまた不安定になるのではないかと私は予測する。

民主党にそれ程の統治能力があるとは思えないから・・・

 株価は、毎日上下している、アメリカの景況感、
住宅の販売状況、円の上げ下げ、
上海株の動向などで揺れ動いている。

どうも10,500円がネックラインか?
少しあげたとおもったっら、すぐ翌日には下げる、
先行きに、確固たる見通しがないから・・・ 
しばらくこの状況は続くだろう。

 年末には11,000~12,000円を予測するアナリストもいるが・・・

 28日の日経朝刊に、さっと目を走らせた、
「銀行の国債保有、最高水準」の一面見出し、
そして、預金が高い伸びを示し、融資が伸びない実態も報じられた。
これは、景気が今ひとつ盛り上がらない現実、
設備投資などに企業が積極的に乗れない事を示している。
 そして、三面トップは「食品、日用品、6割が下落」の見出し、
”消費不振で特売”とも書かれている。

 また、TVニュ-スやネットでも、
28日総務省が発表の7月の全国消費者物価指数は、
価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が、
前年同期比2,2%低下の100,1とな
り3ヶ月連続過去最大となったと報じられた。

 これらの情報から勘案すると、
企業の業績回復への足取りは、遅々としているが、
景気が底をうち上向きに変わったことは確かだろう。

しかし、雇用不安や賃金への不安から、市民のサイフのひもは固く、
”安いもの、必要なもの”の消費という安全指向になる。

それが消費者物価の下落になり、一部で”デフレスパイラル”にならないか、
心配する向きもある。 しかし、市民の生活防衛能力は高い。

 政治は、果たしてどうか? 仕事を造出する景気回復、
賃金が上昇する企業業績の回復と発展、など、
これらを導く「政権交代}なら、全国民は歓迎なのだが・・・。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


政権交代への軌跡



スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

(133)将来像も経済成長戦略も示せない政治

いよいよ目の前に衆院選投票日が迫ってきた。
マニフェストが示され、街頭で、
また、メディアを使っての各党の主張が続く。
新聞紙上に目をやると、どうも民主党有利な話題が多い、
世論調査結果や選挙予想など、獲得議員数まで予測される。
今、選挙一色である。

 しかし、冷静に見てみると、
”真に日本の国、国民を思っての政治”なのだろうか?と。 

自民党はキュウキュウとして政権を守ろうとしている。
民主党は、バラマキ、人気取りの政策ばかりを打ち出し、
何が何でも政権交代、これのみである。
確たる財源も示せないまま、支出ばかりが目に付く。

国民を軽く見ている、
”耳障りのいい事をいっておけば、だませるよ”とばかり、である。
政権さえとってしまえば何とかなるさ。
金がなければ、国債発行、消費税も上げればいい、
法律も都合のいいように変えればいい、と考えているのでは・・・
従来の自民党のように・・・

 自民党も失政のオンパレ-ド、年金問題、
簡保に始まる郵政事業のズサンさ、農政もしかり、
生命安全にかかわる医療の厚生、労働も。

そして、官僚の全てのシステムも万全ではない。
長すぎた自民党時代、
このあたりで一度政権交代もいいのではないか、
と国民は考えている。

 緊張感のない政治や行政では国は良くならない、
その上、世界の厳しい現実がのしかかる。
よほどしっかりした政治と官僚が連携した体制と
システムが出来ていないと国は衰退する。

 日本の現体制は、政治の頭が変わっても、
官僚は変わらない、
だから、どの党になろうと、たいした変化はないのかもしれない。
少なくとも官僚たちはそう考えている。
しばらくすれば、また、我々のペ-スだと。
日本の頭脳集団なのだから・・・

 民主党の鳩山氏はいう、「官僚中心から政治家中心に・・・」と。 
自民党もかっては何度も同じ事を言ってきた、
「官僚中心から官邸中心に」と。

しかし、やがて、官僚に飲み込まれる。 
寄り集まりの政治家と、専門の頭脳集団では、勝負は見えている。
やがて、官僚の言うままになる。
それなら最初から官僚とうまく行く体制、
システムを作ることに勢力を注ぐべきだ。
その様に考えると、今の自民党と同じになる。
だから・・・日本は変わらない。   

 暑い夏が終わり、秋風が吹く頃、政治もまた、
冷ややかな先行きの見えない、
形ばかりの政権が生まれているのか??

不幸な日本の政治が始まる、
ああ~、暑さで頭のいかれた老人のぼやきでした。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


政権交代論



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(132)景気回復への”兆し”見えてきたか?

8月1日、読売新聞に銀行グル-プの4~6月期連結決算が発表されていた。
みずほを除く、三菱UFJ,三井住友、りそな、住友信託、
中央三井の5グル-プが税引き後利益、黒字になった。

 前年同期比で三菱UFJ48,3%、三井住友25,3%と改善してきた。
同様に証券大手5社も黒字転換している。
野村HDは、6四半期ぶり、
三菱UFJ証券も7四半期ぶりに改善と報じられていた。

 銀行は、本業の儲けを示す業務純益は、
国債など債券販売を中心とした市場部門の好調と
不良債権処理費用の減少が貢献したようだ。

 さらに、景気回復とともに、市場の設備投資、
貿易の活発化による資金需要の改善を是非待ちたいものである。

 さて、民主党、自民党、各野党の「マニフェスト」が出され、
本格的な選挙戦に入る。
自民党は経済成長重視を掲げ、
2010年に年率2%の経済成長を目指すとしている。
そして、消費税の引き上げも載せている。
責任政党として、国民受けしない”増税”についても
避けては通れないところである。

 一方、民主党は、”政権交代”一辺倒、
何が何でも選挙に勝利して天下を取りたい。
その為には根拠のない、
財源の裏付けもない”バラマキ”政策を打ち出している。

 しかし、国民の多くは騙される、
目先の甘い、おいしい話に飛びつく。
どう見ても流れは民主党だ。

永年の”うみ”や”弊害”が溜まり、
たまって不信を極めた官僚や政治家、
「一度民主党にやらせてみたら・・・」の気持ちもなくはない、
これが一般的かも?

 いずれにしても、日本国内の争いよりも、
世界に目を向け、日本丸を沈没させることのないよう導く、
救世主が出てこないものか。はかない願いを致すのみである。

 銀行の決算、東証株価の上昇機運、この流れを持続し、
真の経済成長が軌道に乗ることを祈りたいものだ。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


はみ出し銀行マンの投資戦略




テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。