プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(109)アメリカ、オバマ大統領の就任演説に思う

1933年に就任したフランクリン・ル-ズベルト大統領は、
就任演説で「恐れなければならないのは、恐れそのもの」と説き、
国民の意識を強く持つよう導いた。

そして、「ニュ-ディ-ル政策」を進めた。
公共事業の拡大で経済活性化と失業者救済を成し遂げた。

現在は、この時代に極めてよく似ていると言われるがもっと厳しい。

アメリカを代表するビッグスリ-の経営不振、住宅ロ-ン問題、
金融のグロ-バル化と証券化商品の不良資産化等状況は複雑である。
前ブッシュ大統領の市場自由化、一国主義、の弊害から、
また不況と失業で自信を喪失しかけているアメリカ国民の「恐れ」をどう取り除くのか、
オバマ新大統領の就任演説を楽しみに待った。

そして、演説の全文を紙面で読んだ。
まず感じることは、世界が大きく変わったこと、
世界と共に自分達も変わらなければならないこと、
そして、「アメリカは、いま危機の真っただ中にいること、
経済はひどく弱体化している、
一部の者の強欲と無責任の結果であるだけでなく、
厳しい決断をすることなく、国家を新しい時代に適合させそこなった、
我々全員の失敗である」とのべている。

そして、「政府はやること、やらなければならないことはやるが、
詰まるところ、我が国がよって立つのは国民の信念と決意である」と述べ
国民の協力を求めている。

また、「我々に求められているのは、新しい責任の時代に入ることだ。
米国民一人ひとりが自分自身と自国、世界に義務を負うことを認識し、
その義務をいやいや引き受けるのではなく、
喜んで機会をとらえることだ」と、あのジョンF・ケネディ-の
「国が皆さんのために、何をしてくれるのではなく、
皆さんが、国のために何が出来るのか」と説いた名就任演説と同様、
国民一人ひとりの覚悟を問うている。

オバマ大統領のやらなければならないことは、既にわかっていた。
経済の立て直し、戦後最悪といわれる景気悪化(リセッション)と258万人の失業対策、
二つ目に金融市場の安定化である。
具体的に見ると、経済立て直し策として、公共投資と減税、すでに、下
院民主党では、総額8250億ドル(75兆円)の経済対策法案をまとめている。
また、減税も2750億ドル、一人当たり500ドルの戻し税などを決めている。

さらに、金融問題では、ビlグスリ-に対する「つなぎ融資」ではなく、
抜本的な救済資金投入を考えている。

そして、新たな「グリ-ンニュ-ディ-ル」という環境問題への取り組みも行おうとしている。
かっての「ニュ-デイ-ル政策」と同様3ヶ月ぐらいの早い時期に
幾多の新しい政策が打ち出されてくるだろうと思う。

ワシントンに集まった多くの聴衆の心を打ったのは、
米国民になじみ深い米独立戦争の故事を紹介した時であると記事にあった。
それは、初代大統領、ジョ-ジ・ワシントン将軍の率いる陸軍が敵に追い詰められ
大苦戦の酷寒の中で行った演説の一節を引き合いに
「希望と高潔さを抱き、いてつく流れを勇敢に乗り切り、嵐に立ち向かおう」と
訴えた時であったと。

大統領に課せられた期待の大きさではなく、
国民一人ひとりに希望を持って、
自ら取り組む意思を強く訴えた就任演説だったと感じた。

世界が協力して一刻も早く、
世界の経済が立ち直ることを切に願うものである。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)




【予約】 オバマ大統領就任演説 生声CDつき





スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

(108)今年のテ-マは?

2008年は暗い一年であった。
恒例の京都清水寺の管長による漢字も「変」と書かれ、「変動」の激しい、
「変化」の多い年であった。

アメリカ大統領選もバラク・オバマ氏が「変革」(CHANGE)を旗印に
国民の関心を高め勝利した。

さて、2009年はどのような年になり、”テ-マは何になるのか”
若干、独断と偏見を交えながら、予想してみたいと思う。

1、グロ-バルな世になり、世界全体が不況に突入する。
アメリカ、欧州、日本、さらに中国、インド等BRICS諸国もスロ-ダウンするだろう。

2、そして、底を打っても、かってのようにV字回復は望めないだろう。
緩慢な動きでの回復となる。

3、特に日本は、円高と需要鈍化から企業収益が低迷し、業績は下落する。
回復には相当の時間を要するだろう。
人員削減や設備投資の見直しなど基礎的なものまで手をつけている企業が多い。 
巡航速度の戻るまでには、時間が必要と覚悟すべきだと思う。

4、株価についても、先行きは厳しいと予測する、
60%以上を占める外国人の買いが回復しないと
本格的な東証株価の上昇はない。
そして、外国人投資家の日本株買いも
当面は多くを望めないだろうと思っている。
世界にあふれていた投機マネ-は急減している。
また、ヘッジファンドの運用資産も減少、
さらに、オイルマネ-も原油急落から大幅に減少していると思われる。

5、日経平均のヴァリエ-ションを見ても決して安くない、
2008年中旬で、東証の予想PERは、15,11倍、
米S&P500種11,0倍、英FT1008,7倍、独9,2倍、仏8,3倍、
香港11,1倍などと発表されていた。
日本が最も高いのである。割高に買われているということ。 
いま少し、状況の好転を待つ必要があるだろう。

以上の様なことから、東証株価、2009年中は13,000円までいけば
最高だろうと考えている。やはり、大方の予測している
2010年が回復への入り口だろうか?

新日本製鉄の三村明夫会長はこのたびの経済危機は、
起こるべくして起こったもので、アメリカのサブプライム問題は、
その引き金に過ぎない、世界経済が過去数年、5%の成長を遂げ、
好景気に沸いたその急成長の反動であると。
途中危険信号もあったが、ひき返せず突っ走ってきたための調整であると述べている。
世界各国が協調し、回復に向かう時、存在感を示せる事が大切だとも解く。

さて、今年のテ-マであるが、
自分は「忍耐」 「辛抱」 「我慢」だと思い、
CHANGEをCHANCEにしたいと思っている。 

先日のTVで、堺屋太一元経企庁長官が語っていた、
”物を求める時代”から”こころを満たす時代”に変化するだろうと。 

故に、注目したい業種は「環境」 「エコ」 「エネルギ-」 「情報通信」などで、
トヨタ自動車も、北米での販売不振等をハイブリッドでも燃料電池車でもない
「太陽電池車」で挽回しようとしている。

太陽エネルギ-だけで走る車である。
ガソリンは一滴もいらない。この技術で世界をリ-ドしようとしている。
渡邊社長は”かってない緊急事態”といい、また、ピンチこそチャンスともいっている。
”いまこそ、仕込みの時”と位置付けし会社の将来を展望している。

20世紀は石油の時代であり、自動車の時代であった。
アメリカのビッグスリ-(GM,フォ-ド、クライスラ-)も今経営危機に陥り、
トヨタも大きな変換を迎えている。
従来どうりの形で乗り切れる保証はない。
石油の時代も何時終わるやもしれない。

幸いにして、日本には「技術力」 「共生力」 「財務資産の健全性」などがある。
この利点を大いに生かして、更なる成長へと進むことを期待したいと思う。

2008年同様、2009年もじっくり我慢のスタンスでいこうと、
一年の計を立てたところであります。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)




日経業界地図(2009年版)







テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。