プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(82)老舗料亭「船場吉兆」の廃業に思う!

日本料理の最高峰として、先代の湯木貞一氏が一代で作り上げた「吉兆」、
80年の歴史を誇り、”吉兆で食事をする”は一つのステイタスシンボルであった。

小生、この「船場吉兆」の近くで、約20年勤務した身である。
会社勤めの薄給では、決して行けない処であった。
社用族が行ったとしても、来店記録として全て記録に残し、
同じ人には、次回以降同じような料理は出さなかったと聞いていた。

それ程、お客を大切にする料亭だと思っていた。

1991年に創業者は、長男と四人の娘にそれぞれ「本吉兆」 「東京吉兆」 
「京都吉兆」 「船場吉兆」 「神戸吉兆」をのれん分けして「吉兆グル-プ」として
独立した形で営業させてきた超一流の高級料亭であった。

しかし、商品偽装、料理の使いまわしなど”食の安全、衛生面”で
あってはならないことから、5月28日ついに廃業となった。

高い料金を払い、永年贔屓にしてきた文化人、経営者、企業のトップなどこそ、
強い怒りをぶつけている。
”裏切られた””バカにされた”という気持ちだろう。

コンプライアンスが叫ばれ、CS運動の強化が重視される社会にあって、
なぜ、最も大切にしなければならない信用、信頼を裏切るような行為が
毎日多くの従業員が見ている前で行われたか、
「料理場」は一部の人間しか入れなかったのか、
しかし、一連の今回の不正発覚は”内部告発”であるという。
「天網恢恢疎にして漏らさず」のとおり、何時か明らかにされるもの。

NHK職員の株インサイダ-取引、アクセスの決算虚偽報告、など不正は繰り返される。
しかし、一つの行為が長い歴史、伝統信頼を、一瞬にして失してしまう
愚挙である事を常日頃心しておかねばならぬ。

大企業といえども、一役員、一社員の愚かな考えが
多くの株主、取引先、社員の人生さえも変えてしまう事を・・・。

大企業、中小企業、一料亭に関係なく、いかに信用、信頼が大切であるかを今また、
思い知らされた事件であった。
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


嵐山吉兆秋の食卓





スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。