プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28.銀行株、浮上せず!

7月31日、大手銀行の2007年4~6月期の業績が発表された。
三井住友を除き、三菱UFJ,みずほ共に業務純益、
前年同期比マイナスである。

前期は、”戻り益”という特殊要因があり、それを除いたとはいえ、
あまりよろしくはない。
この原因はやはり融資が伸びないことに尽きる。
そして、株価も大きく下落している。

日銀の”利上げ”もほぼ、8月に!と予測されていたが、
怪しくなってきた。
参院選自民大敗、アメリカ株大幅下落、原油高、円高、など
取り巻く環境は不安定である。
これ以上引き伸ばせない状況だと思われるが、福井総裁、
どう判断されるか。

"利上げ”は確かに、銀行にとってプラス要因であり、
業績向上へのひとつの材料ではあるが、それにもまして、
各企業の業績良好さに支えられた設備投資や資金需要の増加に伴う
貸出金の増加こそが重要である。 

現状を見てみると、バブル崩壊後、企業は借入金を減らし、
人員をリストラし、設備も極力抑えてきた。
すなわち、債務、雇用、設備、の3つの過剰を懸命な努力で
克服してきた。その結果が、今の増収、増益となっている。
だからといって、すぐ設備をドンドン増やすかといえば、
そうはならないだろう。

経営者は慎重である。賃上げにも、設備にも、熟考するだろう。
それよりもむしろ、増配し、株主重視の方向にいくだろうと思う。

銀行も融資のニ-ズはあったとしても、
”利上げ”はしにくい環境にあり、今、しばらくは株価上昇よりも、
経営の安定を図り、次に備えると思う。 
株価が上向くのは、年末か?
幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


株プロが放つ!あっと驚く刺客銘柄30


スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。