プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(190)日航破綻とその後

1月19日で日航、破綻後一年が経過した。
京セラの稲盛和夫氏を会長に迎え、再建への努力をしている。
国内・国際路線合わせて40弱の路線廃止、
16000人に及ぶ従業員のリストラなど、
極めて厳しい対応を図っている。

 稲盛会長の最も重視するのは、「社員の意識改革」であろう。
”本当に会社を守らなきゃいかん”という気概だ、という。
TVなどで映像が紹介されるが、
客室乗務員が地上勤務のスタッフを助けて、案内業務をしたり、
機内の清掃作業を専門スタッフとアテンダントがともにやっている
場面が映し出される。
かっての日航では決して見られなかったところであろう。

 海外ホテルでの宿泊は、一室ひとりツインベッド、
勤務明けの必休暇など、パイロットもアテンダントも
高い勤務条件だったと思う。そ
して、何よりも問題だと思われたのは、
日航に対する国の対応だったと思う。

 航空行政を進めるため、日本各地に空港を造り、
利用客の見込めないまま路線を引く、
それを、「日の丸航空」である日航におっ被せる、日航は収益を圧迫される。
すると、陰になり日向となって国が支援する、
日航社員は”親方日の丸”で甘える。
要求も強くなる、会社はますます内容が悪くなる。
これを長年やってきたのではなかったか。

 しかし、世界の航空業界は、ますます競争が激しくなってきた
、安価な路線も出てきた、もう放置できない。
国の支援が切れると破綻への道しか残されていなかった
ということだろう。

 今決算では表面上は黒字を達成した模様である。
リストラの効果、運行燃料の値下がり、
減価償却などプラスに働く部分もあった。

しかし道半ばである。今後の、海外他社との提携、
各路線ごとの採算算出システムの稼働などから、
進むべき方向をはっきり見極める必要がある。
解雇された社員の「不法解雇」の提訴も、19日に出された、
146人と報道されていた。

 真に生き残れるか、見定めるのはまだ先だろう、
稲盛氏の真価もこれからだと思われるが・・・・・

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(182)「33人」の生還に思う

 13日、14日の両日はテレビ、新聞共に、
チリ、コピアポ、サンホセ鉱山での落盤事故のニュ-スで明け暮れた。
次々と救出される人たちの喜びの笑顔、
家族の姿などをTVは映しだしていた。
また、新聞では詳しくその実態、裏側も報じていた。

 6人の専門レスキュ-隊のこと、カプセル”フェニックス”を引き上げる
滑車は中国製、救出抗を削掘したのはアメリカ、ペンシルベニヤの企業と技術者、
その他多くの国の知恵と技術が結集されたこと、
また、「33人」の詳しい経歴や地底での生活、役割分担など、
医療係、相談役、牧師役、電気技師、など、など。
リ-ダ-のルイス・ウルスア氏の現場監督としての強いリ-ダ-シップ、
使命感と責任、沈着冷静な判断と行動など驚きと尊敬の念が湧き出てくる。
そして、33人の忍耐力、チ-ムワ-ク、体力など、
もう”すばらしい”の一語に尽きる今回の「救出劇」だった。

人気ブログランキングへ

 世界が注目した、今回の「救出作戦」は
”人命尊重”の貴重な手本でもあると思う。
過去発生した鉱山事故、原子力潜水艦沈没事故、など中国、ロシア、
ほか自国の政府対応を批判する記事も掲載されている。

「わが国なら・・・」と。人命よりも利益優先、人命軽視の国柄を嘆く声なども・・・。

今回の救出に要した費用は、1000万ドル~2000万ドル(8億円~16億円)と言われる。
3分の2が国、3分の1が民間の寄付によると。
チリのピニエラ大統領、300人体制で望んだ今回の
「救出作戦」”国にとっても、意味のある出費だった”と。

 TVを最大限活用し、世界に向けて、人命尊重のチリ国家を宣伝し、
自らの大統領としての対応ぶりを、大いに見せつけたことは
「作戦」そのものでもあったといえる。
しかし、過去の各国の事故発生時の対応を見る限り、
この文のタイトルを,あえて「生還」としたのは、
国によって見殺しにもされ、手を差し伸べてくれない不幸もあるからである。

 人間の命は、どこに生まれようと、どの国で育とうと、
その尊さは同じはずである。
しかし、一度事故に遭遇すればその運命は変わる。
かって、”お国のため”を合言葉に、遠く戦地に赴き、
多くの尊い人命を亡くしたわが日本も、今はどのレベルにあるのだろうか。
ロシアや中国と同じでないことを願うばかりである。




テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(175)高齢者所在不明の事件に思う



今日朝から定期検診の為、行きつけの病院を訪れた。
猛暑の影響なのか大へん混んでいた。
車椅子や杖をついて歩く老人の姿も多く、付き添って、
また共にケヤ-しながら歩く、娘と親、嫁と親であろう人の姿が多く見られた。
これは、当たり前の様子であり、当然の形である。

しかし、近日の新聞報道で知る限り、111歳で生存していると思われた人が、
30年も前に死亡し、部屋の中でそれは白骨化していたと。 
また、113歳の女性は安否がわからないと・・・
そして、全国で次から次へと高齢者の”不明”が判明している。

 東大阪市にいたっては、18人(8月4日現在)も不明であると。
果たして、全国で何人の”不明者”が出るのか恐ろしい気さえする。

 「自分の親が、今どうなっているのか、どこに居るのか知らない」 
「○○頃家を出て行った」 
「弟と住んでいると思うが、どこに居るかわからない」
「もう何年も連絡がない」など、これが家族の姿であろうか。

 長寿国世界一とか二位とか、その裏でこの様な悲惨な姿があるなんて・・・
今の自分は、先祖があり、祖父母があり、
両親があって存在するのではないのか、又、
子から孫へと繋がっていく血縁、血族を大切にしてきた日本国民ではなかったのか。

為政者の誤りから悲惨な敗戦、焦土と化した中から懸命な努力によって、
ようやく復興し、経済大国と肩を並べるところまで発展回復してきた今日、
そして医学の発達もあって長寿国になった。

しかし、この現実は、イビツな、決して許されるべき姿ではない、
いやむしろ悲しむべき現状である。
そして、今ひとつ、市、区役所等の職員の怠慢振りにも怒りを覚える。
口では”市民の為”と言うけれどどの様な仕事振りなのであろうか。
親の年金を無届で、受け取っている人達が少なからずいることだろう。
親の死を隠してまで”お金”を欲する、卑しい人達が多くいるのだろうか。

 又、一方自分の腹を痛めた、可愛い子ども二人を放置して、
ホストクラブで遊んでいた23歳のバカ親、人間の皮をかぶった畜生以下の女性、
自分が育った境遇はどの様なものだったのか。

親になる以前に、人間としての価値もない。

日本の国は、もうこんな国に成り下がったのか。
政治も経済も国民の資質も大きく低下していることは、紛れもない事実であろう。
暗い気持ちになってしまう。  

 お盆を前に、今一度先祖供養や家族のあり方を、
しっかり考え直そうと思ったものだった。

人気ブログランキングへ


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。