プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(142)株価上昇には”教育”も必要

興味ある、面白い記事を見た。
日経新聞10月27日の「一目均衡」、編集委員、前田昌孝氏の記事だ。

「貯蓄から投資へ」が進まないのは、”投資教育”が不足しているから、
と言うような内容である。
そして、”どうしたら、経済が持続的に成長し、豊かになれるのかという
「成長のメカニズム」を、教えることからの再出発が必要だと”。
その後に、「投資教育」が必要とも述べている。

英国では、2011年までに1000万人に、金銭教育を施す目標を立て、
韓国では、「投機から投資へ」の大キャンペ-ン中だと言うことも紹介している。

 日本もいろいろ、その教育はやっていると思われるが、
現状のように、株価が上昇しない、先行きも見えない状況が続くと、
どうしても”守り”に入ってしまう。
投資よりも貯蓄に戻ってしまう。
約1500兆円もある個人資産の、たとえ10%でも投資に向かえば、
活性化して株価も上がると思うが。

 政治、経済が不安定になると、日本人の勤勉さ、自分のことは自分で守る、
国民性が前に出て”守り”に走り、”蓄え”に回る。
故に、前田氏の言う経済活性化「成長のメカニズム」の教育が
必要になると言うことになる。 

まったく同感である。
 主要国で、最も株価の上昇率の低い日本、国民性も、
少しは影響しているのだろうか。
国会が始まった、目先の生活支援も重要ではあるが、早く先行きの見える、
経済成長戦略を確立し、国民に安心と希望を与えてもらいたい。
それが政権交代の最大の課題であるはずである。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


新賢明なる投資家(上)




スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。