プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(135)政権交代

自民党の歴史的惨敗により、
民主党が300を越える議席を獲得し第一党になった。
民主党が自ら選ばれたのではなく、自民党が嫌気されたのである。

 先の衆院選、「郵政民営化」一本にしぼって、選挙に打って出た小泉政権、
構造改革の本丸と銘打って、
「郵政民営化」是か非かで風を起こし、「小泉劇場」といわれるほど、
イベント的に選挙戦を誘導し圧勝した。

 しかし、期待したほど構造改革の実は上がらず、むしろ、
都市と地方の格差や医療介護など福祉の荒廃を招いた。

そして、企業業績の低下やコスト削減面からの影響で、
給料引き下げや失業、派遣労働にも影響が出た。

生活は苦しくなっている。また、本丸だと言われた「郵政」4分社化した為
かえって、サ-ビスは悪くなったと思われる。

 自ら、期待を裏切った自民党、中でも、道半ばにして、
首相さらに議員職まで投げ捨てて引退した小泉氏、
国民の目にはどのように映っただろうか
”逃げた” 中途で投げてしまった” ”無責任”と見えたのではないか。
その後の安倍内閣、福田内閣、共に同様に見えたのではないだろうか。

 今回の”小泉チルドレン”の惨敗もその表れだろう。
麻生首相については、もう自民党に人は居ないと思わせるぐらい
”首相にあるべき人”ではなかったのではないか。
その証拠に、”次の人”と思われた人も、今回沢山落選している。

 半世紀以上にわたり、政権の座にあった自民党、
自らの驕りと時代に適応出来なかった政策実行力、
環境の変化にも乗り遅れた、
いわば「賞味期限切れ」の状態になってしまったと言うことだろう。

 さて、民主党、これからどれだけの責任政党としての力を発揮してくれるか、
マニュフェストも選挙用から、さらに見直しが必要だろう。
耳当たりのいい”バラマキ”も相当ある。
果たして、どこまでやれるか、しばらく見てみたい。

 31日の東証株価、出だし大幅に上昇した、民主党,好感された?
と見たが・・・その後下落、
なんだか民主政権の先行きを予見しているようで不安が走る。
目先の小さな、国内の課題だけでなく、世界の中の日本をよく認識して、
政治に取り組んでほしい。
自民党の残した負の遺産は、沢山あるのだから・・・。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


鳩山由紀夫のリーダー学



スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。