プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

125.GM(ゼネラルモ-タ-ズ)ついに国有化

6月1日、米連邦破産法11章(日本の民事再生法に当たる)の
適用を受け、一時国有化される。
 債権者の5割強がGMの提案した、債権の9割をカットし
、新GM株の25%を保有する権利を与えるというもの、
これを了承した形だ。アメリカ政府は72%の株を保有し支援する。

オバマ大統領「本当は関与したくなかった、
関与しなければ米経済の極めて重要な巨大企業の解体を
見ることになってしまう」と述べ、国民の理解を求めた。

新生GMは、販売台数、30%減の600万台、
労働者数も6万2000人から4万人に、
主要ブランドも10から4つに削減する。

かってアメリカの象徴的企業であり、
アメリカの強さのシンボルであった”車とGM”ついに破綻した。

国の全面的支援を得て、5年ぐらいで再建させたい
オバマ大統領、果たして出来るのか?

社員はじめ取引先、ディ-ラ-、株主は総じて
経営陣の責任を訴える、「時代に乗り遅れた」と 
「小型車やハイブリッドなど売れる車を作らなかった」と。

しかし、本当にそうだろうか、
企業の足を引っ張ったのは、GMの役員、従業員の賃金の高さであり、
年金、医療費、はじめ(退職者も含む)保障のコスト高という、
ビッグ企業が永年にわたり積み上げてきた経営の”アカ”(おごり)で
あったのであろう。
”ジュネス(寛大な)モ-タ-ズ”と揶揄された、
福利厚生の拡大など、経営者だけでなく、
従業員も取引先も株主も同罪であると思う。

企業の30年説が、かって言われたことがあるが、
(GMは100年)いかなるエクセレント・カンパニ-も
常に時代を読む新しい感覚と企業経営の厳しい見直しを図る
体質を持たないと企業は衰退する。

積み上げてきた強固な組織も伝統も、
数年のミスリ-ドで崩れ去ってしまうという現実を我々は見たのだ。

さて、オバマ、国を挙げてのGM復活劇、
どのような手を打つのか・・・
日経新聞(6月1日)「経営の視点」(中山淳史編集委員)に
面白い記事を見た。

GM後を見据えた米政権、動きを追うと3つの”R”が浮かび上がるというもの。
1)工程を組んだ大統領直属チ-ムのライトナ-主席顧問、
   ワゴナ-前会長の退任を迫り、法的整理を訴えた
2)レギュレ-ション
   日欧並に厳しい燃費規制を前倒しで導入すると発表
3)駐日大使にル-ス氏(シリコンバレ-の有力な弁護士)指名

この三つ目が特に面白い、日本車メ-カ-関係者は
「日本の技術に注目した興味深い人事」と分析する。

リチュウムイオン電池、ハイブリッド技術、など
21世紀の車環境をキャッチアップする施策ではないかと。

いずれにしても、アメリカを代表する大企業の
復活にかける並々ならぬ意思に注目したい。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


「新訳」GMとともに




スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。