プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

124.株価予測が難しい局面

東証株価依然として9,000~9500円辺りを行ったり来たりしている。
 世界同時経済危機も各国の協調した対策で、
何とか壊滅するところまでは至らず、若干上向きの兆しが出てきたところである。

 しかし、わが国大手企業はじめ各企業の10年3月末の決算予測は
極めて厳しいものが多い。 
特に外需により経済発展を図ってきたわが国、
アメリカの回復や欧州の安定が何より重要なファクタ-であろう。

 クライスラ-のフィアットとの統合、GMの破産申請(予測)など、
まだまだ不安定要素も多い。
アメリカ、欧州共に経済回復は道遠しである。

 5月25日(月)日経夕刊に、外国人持ち株比率の低下を報じていた。
2008年9月比2009年3月末、主要40企業で6年ぶりの低下であるという。
特に、輸出企業が業績不振を映し出していると。 
反面、個人の持ち株比率は上昇しているらしい。

 5月27日の日経朝刊、全国銀行協会の会長,
永易(三菱UFJ銀行頭取)氏のコメント、景気について
「今年後半に底入れし、年末から年初にかけて改善を模索するのではないか」
 「大半の企業が四-六月に生産調整を終える、これまで考えたより
若干前倒しで生産活動が活発になり、年後半に景気は底入れを探る
動きになるのではないか」と話した。と報じていた。

 先の、日銀白川総裁とほぼ同じ、
年内イッパイの調整と来期の立ち直りを予測している。

 ただ、北朝鮮の核実験、ミサイル発射問題、
新型インフルエンザ問題など経済だけでなく、不安の材料は多い。
精神的な安心感、政情の安定、等があって、
なお経済の回復が見通せないと”株価”も安定しない。
いま、しばらく東証株価、一万円の壁とにらめっこか?

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


日本経済に関する7年間の疑問




スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。