プロフィール

リタイアおやじ

Author:リタイアおやじ
40年勤務の金融関係会社を卒業。
毎日が日曜日リタイアマンです。

一緒にがんばっている?
友人達のサイトです。

京都関西グルメ本
http://kyotog.jugem.jp/


喫茶店 谷村新司
http://tanimurashinj.jugem.jp/


メルマガ登録・解除


 

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

117.「日本経済の選択」から・・・

今、わが国経済は未曾有の危機に直面している。
3月期末が迫る中、早急な回復指針と具体的な対策が必要である。

日経新聞に「日本経済の選択」が掲載されていた。
日経新聞社の編集委員や論説委員の方々の主張である。
少し、概説し意見を述べてみたい。  

まず、主幹の岡部直明氏、今最も求められているのは、
政策を総動員する総合経済対策だといい、
「環境対策」 「雇用対策」 「公共投資」 「税制改革」を挙げている。
そして、30兆円規模の総合対策が必要だと。

また、梶原編集委員は、企業業績の悪化と株安から来る銀行の貸し渋りをあげ、
日銀マネ-に政府保証を付けろと言う。

さらに、西條都夫編集委員も企業に視線を当てる、
かっての「産業再生機構」に習い、「産業再編機構」構想を提言している。
企業統合のための減税措置、技術開発のための支援など、
不況時こそ政府の出番だと言う。

そして最後に、西田睦美編集委員は、政治のリセットをうながす。
自民党、民主党のねじれ、党首への不信感など、
任せられない現政権なら「有権者の意思で将来を託せる政権を選ぶしかない」と、
早い総選挙を提言する。

いま、麻生首相「有識者会合」を開き、多くの知識人、
業界代表から意見を聴いている。
具体的ないい意見も出ていよう。
いずれにしても、時間がない、早い実行こそが望まれる。

吉田元首相の大磯の本邸が全焼消失したニュ-スが22日夕、流れた、
いよいよ政治は崩壊、リセットせよ!との神のお告げではないのか?
なんて思ってしまう。

証券会社を”株屋”といい、”株屋はなんとなく信用されていない”などと言う
首相の下では、株価も上昇しないだろう。

わが国の政治の貧困を感じざるを得ない。

幸せ~♪他の株式情報を見る(人気ブログランキング)


日本経済を襲う二つの波




スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。